ホーム 薬物 アイルランド労働党、個人使用の薬物の非犯罪化を要求

アイルランド労働党、個人使用の薬物の非犯罪化を要求

ドア 株式会社タイズ

女性の薬物使用

Aodhán Ó Ríordáin は、アイルランドでの薬物使用者の扱い方を大きく変えるよう呼びかけています。 社民党は個人利用の非犯罪化を求めている。

その政治家は、州が薬物使用に対してより健康に基づいたアプローチを取ることを望んでいます。 同時に、組織犯罪集団、人身売買業者、およびディーラーに対処するために、警察のリソースを強化する必要があります。

市民会議

「犯罪化は、アイルランドでも、ヨーロッパでも、海外でも機能していません」と彼は言いました。 「来週、労働党は政府に対し、市民会議の日程を XNUMX 日に設定するよう要求します。 薬物、ユーザーの非犯罪化に重点を置いています。

「政府のプログラムは、政府の各政党に対し、薬物に関する市民集会を召集することを約束しましたが、Taoiseach が今年後半にそうする意向を表明しているにもかかわらず、これが起こるかどうか、またはいつ起こるかはまだ示されていません.

虐待による死亡者多数

中毒者、その家族、コミュニティを対象とした暴力犯罪、嫌がらせ、恐喝など、薬物乱用とその有害な結果は、もはや都市現象ではなく、州全体に散らばっています。 「アイルランドは現在、EU の 16 歳から 64 歳までの薬物による死亡者数が最も多い。 労働党は、州がこれを認識し、犯罪に基づく医療制度ではなく、健康に基づく医療制度に移行することを提案しています。

出所: アイリッシュタイムズ.com (EN)

関連記事

コメントを残す