ナノメディシンを大麻にどのように適用できますか?

ドア ドルーギン

ナノメディシンを大麻にどのように適用できますか?

小さなナンボットが特定のカンナビノイドをエンドカンナビノイド(ECS)受容体に直接送達できる世界を想像してみてください。 ナノロボットは、人間の髪の毛の幅の数千分のXNUMXになり、その小さな電荷をXNUMX滴の液体で輸送して、癌細胞などの標的細胞に直接送達することができます。

とてつもない音? 研究者たちはナノ医学の魅力的な分野で大きな進歩を遂げているので、あなたが思っているよりも近いかもしれません。

大麻植物には、カンナビノイド、テルペン、フラボノイドの驚くべきグループが含まれており、科学者はこれらの化合物の複雑な薬理学と可能性を発見し始めたばかりです。 ナノメディシンと組み合わせることで、大麻は病気を治療し、人間に一般的な健康上の利益を提供するさらに大きな可能性を秘めています。

ナノメディシンとは何ですか?

科学者は、1〜100ナノメートルの範囲、またはXNUMX枚の紙のXNUMX分のXNUMXの薄さの原子スケールで物質を操作できます。 それによると 米国ナノテクノロジーイニシアチブ ナノスケールの物質は、バルク材料とは非常に異なる特性を持っています:より良い導電性、より高い強度および他の磁気特性、光反射または化学反応性などの独特の特性。 ナノテクノロジーを固体、液体、または気体に適用して、これらのユニークな現象を解き放つことができます。

このため、医学におけるナノテクノロジーの応用は、特に大麻化合物に適用される場合、刺激的な可能性と可能性を提供します。 多くのナノテクノロジーアプリケーションがすでに使用されています-カーボンナノチューブから作られたコンピューター回路ははるかに優れた計算能力を提供し、ナノ粒子は吸収を改善するためにすでに医薬品に使用されています。

研究者は、最良のナノ粒子物質、特定の送達に最適なナノ粒子の形状、特定の薬物に最適な移動メカニズムの発見など、ナノテクノロジーの多くの側面に取り組んでいます。 ナノ粒子は、熱を発生させ、幹細胞を放出し、放射性または金属性である可能性があります。

多くのアプリケーションはまだ科学者によってのみ考えられていますが、ナノテクノロジーは、病気の検出と治療の方法を劇的に変える次の医療革命になる可能性を最大限に発揮する可能性があります。

ナノ医薬品の使用による薬物送達

ナノ医療の最良の用途のXNUMXつは、ナノ粒子が病気の癌細胞などの特定の細胞に物質を直接送達する薬物送達です。 研究者は、病気の細胞に引き付けられ、健康な細胞に結合する能力を制限するようにナノ粒子を構築し、それによってそれらへの損傷を減らすことができます。

の科学者 マサチューセッツ工科大学(MIT) および他の機関は、特定のナノ粒子を使用して腫瘍に薬物を送達することに成功しています。 さらに興味深いことに、ナノ粒子は連携して機能するように設計されています。XNUMXつは腫瘍の位置を特定し、もうXNUMXつは前者の信号を使用して、目的のターゲットに効果的に薬剤を送達できます。

興味深いアプリケーションで、科学者はその中に存在する過酸化水素を検索するナノ粒子を作成しました 炎症を起こした組織、その後、心臓病を治療するためにその環境に薬を届けます。

カンナビノイドとナノテクノロジー

ナノテクノロジーとカンナビノイドは、癌、多発性硬化症、パーキンソン病、糖尿病、さまざまな深刻な炎症性疾患などの疾患に影響を与える可能性があります。

ナノテクノロジーは、おそらく単一の細胞が故障した場合でも、早期に病気を特定し、標的となるカンナビノイドを送達して細胞の挙動を修正し、病気を防ぐのに役立ちます。 ナノロボットが特定のエンドカンナビノイド受容体を標的にして、患者の利益のために炎症過程全体を停止することさえ可能かもしれません。

カンナビノイドナノデリバリーシステムは現在、科学者が取り組んでいるさらなる研究のために非常に一般的です 生物学的に操作されたカンナビノイド 細胞に輸送される他のナノ粒子、および金属または他の物質から輸送材料を輸送するナノキャリアを作ることによって。

デリバリーシステムの研究には、バイオアベイラビリティ(薬剤の有効成分が血流に入る速度)の改善、ナノ粒子の物理的安定性の改善、注射、ピル、舌下滴などの投与経路の最適化も含まれます。 。

ナノテクノロジーベースの標的薬物送達システムは、魔法が起こるエンドカンナビノイド受容体にカンナビノイドを直接送達するように処方することができます。 カンナビノイドは、ナノ粒子にパッケージ化され、分解されることなく、意図された目的への制御された放出で輸送されます。

たとえば、ナノエマルジョンは、高度に制御された放出でプロバイオティクスまたは他の生物活性成分を送達するために、食品業界ですでに使用されています。 これらのナノエマルジョンは、通常は組み合わされないXNUMXつの液体(油と水など)の組み合わせを使用して、カンナビノイドが体内を移動する際の化学的分解に対するバリアとして機能します。

他のカプセル化方法は、吸収を増加させることによって効力の問題を助けることができ、副作用を減らすのを助けることができ、物質の苦味を隠すのを助けることができます。

特定の大麻株は、調整された治療プロファイルを持っている場合もあり、カンナビノイドは、強化された効果を生み出すようにバイオエンジニアリングされている場合があります。

科学者たちは、多種多様なエンドカンナビノイド不足の問題、ひいては多種多様な疾患を治療する可能性のあるスーパークラスのカンナビノイドナノキャリアを想定しています。

一例では、研究者は、困難な血液脳障壁を通過する物質を取得するための新しい方法を検討しています。 このバリアは、脳を保護するための身体に組み込まれた防御メカニズムであるため、それを介して物質を輸送する能力は、治療の有効性に直接影響します。

そのために 科学者は脂質ナノカプセルを開発します 中枢神経系疾患の新しい治療法として、CBDのような小さなカンナビノイドで飾られています。

大麻のナノ医療の未来はどうなるのでしょうか?

ナノテクノロジーはすでに薬物送達を大きく変革しており、カンナビノイド送達はこのエキサイティングな未来の一部です。 もちろん課題もあります。 カンナビノイドは水中で急速に分解し、他の種類の分解を起こしやすく、それが 配信の問題 on。

大麻ゲノムの解読、ヒトエンドカンナビノイドシステム(ECS)における主要なCB1RおよびCB2R受容体の発見、および他の受容体の発見を含む最近の発見も、カンナビノイドナノテクノロジーに貢献する根本的な進歩です。

最新の研究は、カンナビノイドナノキャリアの標的送達システムの処方における大きな進歩を示しており、そのため、特に中枢神経系障害に対して重要な治療法を提供する可能性があります。 科学者がバイオ効率とバイオアベイラビリティの両方を改善し続けるにつれて、大麻ナノテクノロジーは刺激的で勇敢な新しい世界を表しています。

大麻を含む情報源(EN)、Labroots(EN)、リーフリー(EN)

関連記事

コメントを残す

[adrotate バナー = "89"]