ホーム 株式と財務 大麻の痛みを和らげる効果に焦点を当てたスタートアップがロンドンで公開される

大麻の痛みを和らげる効果に焦点を当てたスタートアップがロンドンで公開される

ドア 株式会社タイズ

2021-05-21-大麻の痛みを和らげる効果に焦点を当てたスタートアップがロンドンで公開される

大麻の痛みを和らげる効果を模倣する薬を開発しているバイオテクノロジー企業であるオックスフォードカンナビノイドテクノロジーズ(OCT)は、金曜日にロンドンで公開されます。

OCTは、大学の研究プロジェクトから可能な治療技術へと成長しました。 OCTは、実際の植物から派生させるのではなく、天然のカンナビノイドに合成的に類似した化合物の作成に重点を置いています。

ロンドンの医療大麻市場

16,5年前にオックスフォード大学でベンチャーキャピタルが資金提供する医療用マリファナ研究プログラムを開始したOCTは、IPOから51,5万ポンドを調達する予定です。 上場後の評価額は約XNUMX万ポンドになると予想されます。 OCTの共同創設者兼会長であるニール・マハパトラ氏は、ロンドンに行くという決定は、昨秋の金融行動監視機構の声明に従ったと述べた。 医療大麻 ロンドンでは企業が歓迎されました。 バイオテクノロジーに対する投資家の熱意もそこにあります。 「当初は民間資金調達ラウンドを検討しましたが、市況は私たちのタイプのビジネスにとって好ましいようです」と彼は言いました。

OCTのロールモデルであり有名なプレーヤーは、大麻生化学の知識を認可された薬に変換する英国を拠点とするパイオニアであるGWファーマシューティカルズです、とマハパトラは言います。 GWは昨年、500億ドル以上の大麻由来の小児てんかん治療薬を販売したと報告しました。 EpidiolexとJazzPharmaceuticalは、7,2月にナスダック上場企業をXNUMX億ドルで買収しました。

大麻を模倣する

OCTのCEO、ジョン・ルーカス氏は、両社の主な違いは、GWが大麻植物から薬を製造するのに対し、OCTは化学反応器で天然のカンナビノイドに合成的に似た化合物を製造することです。

IPOからの収益は、2022年の第2023四半期に臨床試験を開始するための高度な薬剤候補を準備するために使用されます。 2024つはOCT自身の研究から生まれたもので、もうXNUMXつはファイザーからの日本のスピンアウトであるAskAtによってライセンス供与されました。 彼らは、XNUMX年とXNUMX年にさらにXNUMXつの化合物を用いた臨床試験を開始する予定です。

ロンドンを拠点とするプライベートエクイティおよびベンチャーキャピタル会社であるキングスリーキャピタルは、カンナビノイドのさまざまな医薬品用途に関するオックスフォードでの研究に資金を提供するために、2017年にOCTを設立しました。 その結果、同社にとって最も有望な手段は、神経の損傷や病気によって引き起こされる神経障害性の痛みであることが示されました。 OCTによると、この世界市場は年間7億ポンドに相当します。

株式

既存の株主構造では、裕福な個人が会社の47,8パーセントを所有しています。 キングスレーキャピタルは32,2パーセントを所有し、タバコグループであるインペリアルブランズは16,9パーセントを所有しています。 残りの3,2%は、大麻の専門投資会社であるCasaVerdeが所有しています。

FCAがガイドラインを発行して以来、医療用マリファナセクターのより多くの企業が英国に上場するための措置を講じています。 気化器を介して大麻由来製品を医療患者に配布する手段を開発しているテルアビブを拠点とするカナボと、THC着色剤を販売し、大麻ベースのてんかん薬を開発しているMGCファーマシューティカルズの両方がXNUMX月に公開されました。

続きを読むまたは ft.com (出典、EN)

関連記事

コメントを残す