ホーム 大麻 研究:大麻使用障害(CUD)のある人では、うつ病と不安がより高くなる可能性があります

研究:大麻使用障害(CUD)のある人では、うつ病と不安がより高くなる可能性があります

ドア ドルーギン

研究:大麻使用障害(CUD)のある人では、うつ病と不安がより高くなる可能性があります

最近、Journal of Affective Disordersに研究が発表され、1980年2020月からXNUMX年XNUMX月に発表された疫学研究が調査されました。

1980年2020月からXNUMX年XNUMX月の間に発表された疫学研究のレビューでは、大麻使用障害(CUD)の患者では、うつ病と全身性不安障害(GAD)が高い可能性があることがわかりました。

このレビューは、カナダの保健省(サスカチュワン)で働くVivian N.Onaemoが主導しました。 Onaemoらは、主に米国とオーストラリアで実施された研究のデータを分析しました。

大麻使用障害でより高いうつ病の可能性

Journal of Affective Disordersに掲載されたこの研究では、大うつ病のリスクはCUDの患者で3,22倍高く、GAS率は2,99倍高いことがわかりました。

大麻使用障害でより高いうつ病の可能性
大麻使用障害でより高いうつ病の可能性(afb)

研究者のオナエモらは、うつ病や不安を抱えている人の中には大麻で自己治療できる人もいれば、遺伝的または環境的な脆弱性が精神的健康問題や物質使用障害にかかりやすくなる可能性があると指摘しています。

併存疾患に至る経路や併存疾患の高い有病率に関係なく、個人がCUDとうつ病または不安の両方を発症すると、悪循環が起こり、あらゆる状態が正確に持続または悪化する可能性があります。その他」と研究者らは書いている。

研究者らは、「精神障害を伴う併存するCUDの効果的で統合された管理を伴う証拠に基づく政策介入の実施は、患者の良好な転帰に寄与する可能性がある」と結論付けた。

他の研究によると、うつ病の人は、健康を改善するための抗うつ効果のために大麻を消費します 健康 と心の状態。

に掲載された2020年の研究 生物学および医学のエールジャーナルは、「ユーザーの95,8%が消費後に症状の緩和を経験し、3,76-0の視覚的アナログスケールで症状の強度が平均-10ポイント減少した」ことを示しました。

ソースにはPsychatricNews(EN)、ScienceDirect(EN)、TheGrowthOP(EN)

関連記事

コメントを残す