ホーム 薬物 高等教育における現在の麻薬使用者の50%以上が危害の危険にさらされています

高等教育における現在の麻薬使用者の50%以上が危害の危険にさらされています

ドア 株式会社タイズ

2022-01-22-高等教育における現在の麻薬使用者の50%以上が危害の危険にさらされている

これは、アイルランドの高等教育機関(DUHEI)での薬物使用に関する研究によるものです。 調査によると、現在のユーザーの43,8%が薬物使用による危害のリスクが中程度であり、9,1%が重大なリスクにさらされています。

深刻な薬物損傷の可能性はわずか1,4%でした、と報告書は発見しました。 DUHEIの調査では、リスクの低い人は後日チェックして再評価するようにアドバイスされています。 使用による危害の重大かつ深刻なリスクがある人は、集中的に評価する必要があります。

薬物使用による巻き添え被害

もちろん、過度の薬物使用による身体的損傷もあり得ますが、時には副作用もあります。 調査報告書で言及されている報告された危害のいくつかには、無防備または意図しないセックスや戦闘への参加が含まれます。 大規模な調査では、11.500の高等教育機関の学生からの13.681以上の有効な回答(合計21のうち)を分析し、アイルランドの大学生の薬物使用を明確に把握しました。 18歳以上の学部生と大学院生の両方からの回答が掲載されました。

高等教育の学生の50%以上が違法であると報告しました 薬物 過去XNUMX年間にXNUMX回以上の薬物使用が報告され、過去XNUMXか月にXNUMX回以上の薬物使用が報告されています。 調査はまた、現在の薬物使用が年々増加しており、大学の最後のXNUMX年間でピークに達していることを発見しました。

応用科学大学で最も人気のある薬

最も人気のある薬は、大麻(52%)、コカイン(25%​​)、エクスタシー(23%)で、ケタミン、マッシュルーム、アンフェタミン、新しい向精神薬についても言及しています。 ほとんどの種類の薬は19歳から21歳の間に使用されました。 大麻の場合、これは16歳から18歳の間でした。 現在のユーザーのXNUMX人にXNUMX人は、XNUMX歳より前に開始しました。

男性の学生は、女性(1人に4人)と比較して、現在の薬物使用(1人に6人)を報告する可能性が高いことが注目されました。 学生の半数以上が薬物使用は学生生活の正常な部分であると考えていましたが、半数以上は薬物使用も学生生活にいくらか否定的または非常に否定的な影響を与えると感じていました。

Covid-19のパンデミック中に薬物を使用した人のうち、1人に3人の学生が使用を減らし、1人に4人未満がこの期間に使用を増やしました。

続きを読む limrickleader.ie (出典、EN)

関連記事

コメントを残す