日本の健康委員会は、娯楽用大麻の使用を犯罪化する動きを支持している

ドア ドルーギン

日本の健康委員会は、日本での大麻使用を犯罪化する動きを支持している

日本の娯楽大麻愛好家にとっては悪いニュースです。 健康専門家のパネルが先週会合した後、娯楽用大麻の使用を犯罪とすることが計画されています。 この変更には、国の大麻取締法の改正が含まれています。

12人の健康専門家のパネルは湘南医科大学の鈴木恒教授によって率いられました。 毎日新聞によると、パネルは若者による薬物乱用の懸念に基づいて大麻使用の犯罪化を支持する決定を下した。

現在、1948年に施行された日本の大麻法は、大麻の栽培と所持を禁じていますが、この薬の使用に対する刑事罰はありません。

伝えられるところによると、大麻の使用にペナルティを科す規定は、植物を栽培して伝統的な「シメナワ「神社用のロープを作ると、仕事中に植物の材料を吸い込むことができます。

しかし、今年初め、保健省は、作物を扱った後、農民の尿中にカンナビノイドが検出されなかったことを示すテスト結果を発表しました。 伝えられるところによると、この発見により、パネルは「マリファナの使用を罰しないための合理的な理由はない」と結論付けました。

日本での娯楽用大麻使用に対する制裁の必要性

日本での大麻犯罪に対する刑事罰には、現在、薬物所持の場合は最大XNUMX年の社会奉仕の懲役、栽培の場合は最大XNUMX年の雇用の懲役が含まれています。 結果として得られたパネル会議の報告書は、大麻の使用に対して同様の罰則を課すことができる必要があると主張しています。

報告書は、日本での娯楽用大麻の使用に対して罰則を課すことができる必要があると述べています(図)。
報告書は、日本での娯楽用大麻の使用に対して罰則を課すことができる必要があると述べています(afb.)

しかし、決定は 全会一致ではありません 専門家の間では、12人のメンバーのうちXNUMX人が新たな刑事制裁の賦課に反対している。 彼らは、そのような動きは「回復の支援に焦点を合わせるという世界的な傾向に反する」、「大麻の使用は社会的危害を引き起こすとは言えず、刑事罰を課す事実上の理由はない」と主張した。

したがって、報告書は、薬物依存症の治療や社会的リハビリテーションなど、回復を支援する取り組みの紹介にも言及しています。

それにもかかわらず、大麻政策の厳格化は、非犯罪化や潜在的な合法化のレベルが次のような国で見られることが多い地球環境では、否定的なものと見なされる可能性があります。 Portugal、ルクセンブルグと米国。

大麻の使用に刑事罰を課すという決定は多くの人にとって後退と見なされるでしょうが、パネルはまた、現在日本で制限の対象となっている大麻ベースの薬物を合法化することを推奨しました。

パネルの報告書は、国が多くの健康適応症のために医療大麻製品の輸入、製造、販売、使用を許可することを提案しています。この動きは、国内の医師や支持者によってますます支持されています。

Canexのソース(EN)、ジャパンタイムズ(EN)、毎日(EN)

関連記事

コメントを残す

[adrotate バナー = "89"]