ホーム 大麻 来月タイで大麻法が緩和された

来月タイで大麻法が緩和された

ドア 株式会社タイズ

2022-05-19-来月タイで大麻法が緩和された

タイで大麻や大麻を家庭で栽培することに興味がある人は、当局の許可なしに来月から栽培できるようになります。 植物はカテゴリー5の麻薬リストから削除されます。

大麻植物と大麻の栽培者は、FDAによって開発および運営されているモバイルアプリケーションであるPlukKanを介してそのように登録する必要があります。 法的な緩和にもかかわらず、大麻の主要な精神活性化合物であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を0,2%以上含む抽出物は、依然としてカテゴリー5の物質として認識され、 賭けます FDAの関係者によると、薬物の管理と抑制に関連しているという。

商業目的で大麻や大麻を栽培したい人は、当局に許可を求める必要があります。 9月XNUMX日以降、大麻の種子やその他の植物の部分を輸入するための許可は不要になりました。 代わりに、これらの製品の輸入は、他の植物種子と同じ方法で許可および規制されると彼は述べた。

輸入された大麻抽出物

旅行者が直接送るか郵送するかにかかわらず、他の国からタイに持ち込まれた大麻抽出物で作られた製品は、製品の種類に応じて異なる法律の下で規制されるだろうと彼は言った。 これらは大きくXNUMXつのカテゴリーに分けることができます:輸入食品と化粧品。
FDAは、大麻と麻の抽出物で作られた他のハーブ製品を許可および規制するために必要な最大XNUMXつの法律の改正に引き続き取り組んでいます。

出所: bangkokpost.com (EN)

関連記事

コメントを残す